ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

まだデータがありません。

【革命】茂木健一郎が考案「脳トレ」で仮想通貨のマイニング 記憶課題ではビットコイン、画像認識課題ではイーサリウムが採掘可能

ビットコインのマイニング方法には欠陥点があり、それを改善するためのマイニング方法が研究されている。
この記事では脳科学者の茂木健一郎が考案した「脳トレマイニング」についてまとめていきます。

茂木健一郎が考案「脳トレ」で仮想通貨のマイニング

脳トレと仮想通貨のマイニングを結びつける「脳マイくん」について


 クオリア研究所(所長、クオリア・ケン)は、脳トレと仮想通貨のマイニングを結びつける技術を開発し、4月2日から公開します。
高齢化が進む中、脳トレは、脳を若く保ち、認知症などの予防に結びつくものとして注目されています。

 この度開発された「脳マイニング」では、脳トレのメニューをすることで、自動的に仮想通貨が採掘されます。
ドーパミン系を活性化させて、脳トレをする動機づけを高めるために、仮想通貨の採掘を音声化(「チャリン、チャリン!」)し、タイミングよく耳に届くように工夫しました。

 「脳マイくん」で採掘される仮想通貨は、脳トレのメニューによって変わります。
たとえば、記憶課題ではビットコイン、画像認識課題ではイーサリウム、計算課題ではリップル、言語課題ではライトコインが中心的に発掘されます。

 このため、よりバランスのとれた仮想通貨のポートフォリオを構築するためには、脳トレのさまざまなメニューをこなさなければならず、結果としてバランスの良い脳の活性化が期待できます。

 また、このほど、クオリア研究所では、現代人にもっとも欠けているのが、「今までの人生をふりかえる」「人間の他の側面にも思いを致す」といった認知課題であるという認識から、新しい仮想通貨「ピース」を開発し、4月2日から提供します。

 ユーザーが「脳マイくん」の起動下で過去を思い出したり、他者の違う側面を思い出したりする活動をする度に、仮想通貨「ピース」が採掘されます。「ピース」を貯めると、幸せになります。

情報元

茂木健一郎が考案したPoBのメリット



マイニングで最もメジャーなシステム「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work:PoW)」は「仕事量(Work)」によって報酬が支払われる仕組みとなっています。
PoWを採用している仮想通貨はビットコインが代表的です。

ビットコイン(PoW)のマイニングを行うには高性能のPCとグラフィックボード(ビデオカード)が必要になり、専用のソフトを起動することでマイニング作業が自動的に行われます。

PCを常時起動していなければならないので、マイニング作業には電気代がかなりかかってしまいます。

国内の電気料金ではマイニング作業をすることによって利益を出すのは難しいので、国内でマイニングで儲けようとする人はごく少数です。



しかし茂木氏が考案したプルーフ・オブ・ブレイン(Proof of Brain:PoB)はPoWの問題点をすべて解消していると言えるでしょう。

まず資産によってマイニング能力が決定されず、個人の能力によってマイニング能力が決定されるので、どんな人間にもチャンスがあります。

更にはトレーニングすることによってマイニング効率が上がっていくので、個人差はあれどマイニング能力を開発していくことが出来ます。
また、分野によって手に入る仮想通貨も異なるので、寡占が発生しません。

まさにこれからのスタンダードとなる新たなマイニング方法でしょう。

この記事にコメントする

コメントを残す