ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

まだデータがありません。

【初心者向け解説】仮想通貨でよく聞く「草コイン」とは? 買い方によっては一攫千金もできる夢のある通貨!?



仮想通貨について検索しているとき、「草コイン」という単語が目に入ってくるかと思います。
この記事では草コインとは一体何か、草コインのメリット・デメリットについてまとめていきます。

仮想通貨の草コインとは?

草コインは元々「Shit Coin(クソコイン)」と呼ばれており、日本では草コインと呼ぶようになりました。
なぜ草なのかは不明ですが、ネットスラングの「w」から派生して笑えるほどダメなコインだとか、笑えるほど儲かるコインだとか言われています。

どちらにせよ良いイメージで付けられた名前ではなく、投資というよりもギャンブルに近い存在となっています。

しかし一攫千金のチャンスとも言え、低価格の草コインを暴騰する前に仕込んでおく投資家もいるので、完全なギャンブルというわけではありません。
元々上がる材料を持っていたりする草コインもあるので、全ての草コインがダメなコインでは無いのです。

草コインのメリット



・1コインあたりの価格が安い
・種類が多いので分散して買える
・暴騰した時の上げ幅が大きい

草コインにもメリットはもちろんありますが、基本的にはハイリスクハイリターンであることが前提となります。

1コインあたりの価格が非常に安く、1コイン1円以下の通貨価値もザラにあるので大量に買って暴投した時に大量に売れば一気に儲けを出すことができます。
種類も豊富なので、様々な草コインを仕込んでおいて同時に管理するのも良いでしょう。

如何に安く買って高く売るが勝負所なので、買うタイミングも重要になります。
高値で掴んでしまっては元も子も無いので、常にアンテナを張り巡らせて情報を掴んでおきましょう。


↑ XPという仮想通貨のチャート 情報を早目に掴んでいれば数十、数百倍も夢じゃない

草コインのデメリット



・価格と価値が保証されていない
・暴騰したら必ず暴落する
・扱っている取引所が少ない
・最悪の場合、いつの間にか消えている

草コインはハイリスクハイリターンと前述しましたが、リターンが確定しているわけではありません。
買ったものの一切通貨価値が上がらずに消えていくパターンも珍しくは無いので、その時は覚悟しておきましょう。

更に通貨価値が上がったとしても暴落することを前提に立ち回らなければいけません。
暴騰した時に売りたいと思っても、売る相手がいないというパターンもあるのが草コインの怖いところです。

また、集団で「買い支え」によって暴騰しているかのように見えるパターンもあり、実際に買ってみると一切上がらないこともしばしば。

また、扱っている取引所が少ないために様々な取引所に登録しなければならず、チャートのチェックもはっきり言って面倒臭いです。
しかしその分のリターンが見込めるので、投機目的で草コインを買う人は後を絶ちません。

まとめ

仮想通貨の草コインとは

草コインは元々「Shit Coin(クソコイン)」と呼ばれており、日本では草コインと呼ぶようになった、投資というよりもギャンブルに近い仮想通貨のことです。

しかし一攫千金のチャンスとも言え、低価格の草コインを暴騰する前に仕込んでおく投資家もいるので、完全なギャンブルというわけではありません。
元々上がる材料を持っていたりする草コインもあるので、全ての草コインがダメなコインでは無いのです。

如何に安く買って高く売るが勝負所なので、買うタイミングも重要になります。
高値で掴んでしまっては元も子も無いので、常にアンテナを張り巡らせて情報を掴んでおきましょう。

この記事にコメントする

コメントを残す