ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

まだデータがありません。

【初心者向け解説】「仮想通貨」と「暗号通貨」って何が違うの? 実は日本国内だけで独特な呼び方を使っていた!?



仮想通貨について調べ物をしているとき、「仮想通貨」と「暗号通貨」という単語を聞くかと思います。
この記事では仮想通貨と暗号通貨の違いについてまとめていきます。

仮想通貨と暗号通貨の違いって?



仮想通貨(virtual currency)」はその名の通り、実体を持たない情報を元にした通貨です。
インターネット上で取引でき、通貨なのでもちろんお金として使うことができます。

暗号通貨(crypto currency)」は暗号を用いた取引による安全性の確保がされている仮想通貨のことを指します。
ビットコインのようにブロックチェーンを搭載しているコインはこの暗号通貨と呼ばれます。

つまり仮想通貨というカテゴリの中に暗号通貨が入り、仮想通貨はもっと広義な意味合いとなります。

このサイト名も本来の意味通りなら暗号通貨まとめチャレンジでなければいけませんね(最もドメインにはcryptoを使用していますが)。



ビットコインも本来の意味合いならば仮想通貨では無く、暗号通貨と呼ばなければなりません。
しかし国内ではvirtual currencyもcrypto currencyもどちらも区別せずにまとめて仮想通貨と呼ばれています。



また国内では暗号通貨を「1号仮想通貨(資金決済法2条5項1号)」と「2号仮想通貨(資金決済法2条5項2号)」にて定義しています。
しかし見ての通り、仮想通貨という名前が付けられているので国内ではどちらも同じものと考えて差し支えはありません。

1号仮想通貨(資金決済法2条5項1号)
・物品の購入・借り受け又はサービスの提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用できること
・不特定の者を相手方として購入・売却ができる財産的価値であること
・電子機器その他の物に電子的方法により記録されていて、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
・日本および外国の通貨、ならびに通貨建資産でないこと
2号仮想通貨(資金決済法2条5項2号)
・不特定の者を相手方として1号仮想通貨と相互に交換ができる財産的価値であること
・電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

まとめ

暗号通貨と仮想通貨の違いとは

「仮想通貨(virtual currency)」と「暗号通貨(crypto currency)」は海外では区別されますが、国内では仮想通貨も暗号通貨も区別せずに「仮想通貨」として呼ばれています。

また、Googleなどの検索エンジンでも仮想通貨での検索が一般的かつヒット件数も多いので、調べ物をする際には「仮想通貨 ○○」で調べると良い結果に辿り着けます。

この記事にコメントする

コメントを残す