ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

まだデータがありません。

【初心者向け解説】仮想通貨「Litecoin(ライトコイン)」とは? ビットコインから派生し、実用性を重視した理由とは?



Litecoin(ライトコイン)はビットコインに次いで知名度が高い仮想通貨なので、初心者でもよく耳にするかと思います。
この記事ではライトコインの特徴について、ライトコインのマイニングについて、セグウィット(SegWit)という技術についてまとめていきます。

Litecoin(ライトコイン)とは?


ライトコインはビットコインを元にして元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏に作られた世界で2番目の仮想通貨です。
ビットコインを金貨と位置づけるならば、こちらは正しく銀貨と呼べるような互換性と性能を持っています。

決済手段として作られた仮想通貨であり、大きな特徴としてはビットコインが抱えていた「送金速度」を解消した点にあります。

ライトコインはブロックの処理速度がビットコインの約4倍であり、発行総量も約4倍に調整されています。
ビットコインと対等かつ利便性を高めている通貨であり、「お金として使いやすい」というメリットを持ちます。

しかしライトコインの送金速度は今や速いと言える代物では無くなってしまいました。
実際にビットコインキャッシュという時価総額も単価も送金速度もすべて上回っている仮想通貨が存在しているのが現状となります。

その代り世界で2番目に作られた老舗の仮想通貨ということで、信頼性はトップクラスです。

そしてセグウィット(SegWit)を始めとする新技術をすぐさま実装することが多く、仮想通貨の技術革新のたたき台的な仮想通貨でもあります。

ライトコインのマイニングとは



仮想通貨の取引には膨大な演算作業が必要となり、取引をまとめたブロック(取引台帳)を作成し更に取引の整合性を確認する必要があります。
そのブロックを作成・確認する作業のことを「マイニング(採掘)」と呼びます。

そしてマイニングには作業に対する報酬が与えられます
ビットコインを例にすると新しく生成されたビットコインがマイニング作業の対価として支払われるので、ブロックチェーンは成り立っているのです。

ライトコインのマイニングはプルーフ・オブ・ワークという方式を採用しており、ビットコインと同じ形式となります。

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work:PoW)は「仕事量(Work)」によって報酬が支払われる仕組みとなっています。



PoWのマイニングを行うには高性能のPCとグラフィックボード(ビデオカード)が必要になり、専用のソフトを起動することでマイニング作業が自動的に行われます。

国内の電気料金ではビットコインのマイニング作業によって利益を出すのは難しいので、国内かつ個人のマイニングではまず損をしてしまいます。

一方ライトコインはマイニング作業の競争率が低く、個人でも利益を出すことができます。
しかしあくまでも電気代と比較した場合に利益が出る程度なので、ライトコインのマイニングで儲かるということはありません。

セグウィットを実施した仮想通貨



Segwit(セグウィット)は「Segregated Witness(分離署名)」の略で、ビットコインをはじめとする仮想通貨が抱える技術的な問題を解決する画期的な技術です。

ブロックチェーンを用いている仮想通貨は取引が増えるにつれ、サイズが膨大になっていきます。
そこでブロックのサイズはそのままで取引のサイズだけを圧縮できる技術がSegwitというものです。

この技術を使用すると取引にかかる時間を短縮することができ、手数料の縮小などのメリットがあります。

ライトコインは2017年4月にセグウィットを実施しており、その技術を成功させたことで再注目されています。

その為、ブロック作成の為のマイナー(マイニングする人)へ支払う手数料が少なくて済むなどの効果をもたらすのです。

まとめ

仮想通貨Litecoin(ライトコイン)とは

ライトコインはビットコインを元にして元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏に作られた世界で2番目の仮想通貨です。

ビットコインを金貨と位置づけるならば、こちらは正しく銀貨と呼べるような互換性と性能を持っています。

ライトコインはブロックの処理速度がビットコインの約4倍であり、発行総量も約4倍に調整されています。

現在ではビットコインキャッシュなどの高性能な仮想通貨が登場したために機能面で注目されることはありませんが、その代り世界で2番目に作られた老舗の仮想通貨ということで「信頼性」はトップクラスです。

この記事にコメントする

コメントを残す