ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

【初心者向け解説】仮想通貨「Ethereum(イーサリアム)」とは? 時価総額世界2位の通貨の特徴・仕組みについて解説



アルトコインの中で最も知名度と時価総額が高い「Ethereum(イーサリアム)」という仮想通貨があります。
この記事ではイーサリアムについて、イーサリアムに採用されているシステムについてまとめていきます。

仮想通貨「Ethereum(イーサリアム)」とは?


Ethereum(イーサリアム)はビットコインに続き、時価総額が世界で第2位の仮想通貨です。

マイニングにおいて発行される枚数の上限が今のところは不明であり、現在でも仮想通貨の総量が増え続けています(現在は9800万枚が発行)。

ブロックの生成時間が非常に短いので、取引にかかる時間がかなり短いという大きな特徴を持っています。
そのためにイーサリアム同士だけでは無く、他の仮想通貨を取引をする際にも頻繁に使われています。

更にスマートコントラクトというブロックチェーンを基盤とする画期的なシステムを導入しています。
仮想通貨業界以外にもそのシステムは注目されており、実際にスマートコントラクトが導入されているサービスもあるようです。

スマートコントラクトとは



スマートコントラクトとは取引の記録に加え、ブロックに「独自に定義した契約」を追加して記録できるシステムです。
多様な取引をイーサリアムの技術を応用することで、信頼性と透明性を高めることもできます。

実際にブロックチェーンを活用したスマートコントラクトでは、通貨の取引だけではない様々な活用方法が見出されています。


具体例としてはレンタカーのシステムに導入も考えられており、顧客と顧客同士で車を受け渡すことよって店舗の必要性を取り払うという取り組みもあります。

また、「ujo MUSIC」というアーティストが楽曲を発表した後に必要となる他社との契約を簡略する仕組みも生まれています。
取引はレコードやプロモーション会社などの中間業者を通さず、お金が入ってくるスピードの向上と多すぎるマージンの取り除きも可能になりました。

また著作権についての契約をスマートコントラクトすることで、アーティストを守ることもできます。

このように大本で管理をする機関が不要かつ、信頼性と透明性を高める取引が実現可能となります。

他にもオークションサイトやSNSなど物品や情報がやり取りされる場にも利用ができると考えられています。

Proof of stake(PoS)とは



Ethereum(イーサリアム)は取引の承認システムに「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of stake)」という仕組みを採用しています。

ビットコインのマイニング(採掘)は「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)」という演算能力(仕事量)の高いPCを持っている人ほど報酬を受取りやすいという仕組みになっています。

一方、イーサリアムに使用されているPoSは「コインを持っている割合(stake)」によってマイニング報酬を受取りやすくなるという仕組みになっています。



要するに株式の配当のように持っているイーサリアムの割合でマイナー(採掘者)はマイニング報酬を受け取ることができます。

このPoSの方式を採用することによって従来のPoWでかかっていたマイニングコスト(電気代やマシン代)を省くことができるので、マイニングPCをの体制を既に整えている企業が有利ということはありません。

しかしPoSにもデメリットはあります。
保持しているイーサリアムの量だけマイニングが有利になるので、イーサリアムの流通を妨げてしまう可能性が懸念されています。

まとめ

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)とは

Ethereum(イーサリアム)はビットコインに続き、時価総額が世界で第2位の仮想通貨です。

ブロックの生成時間が非常に短いので、取引にかかる時間がかなり短いという大きな特徴を持っています。

更にスマートコントラクトというブロックチェーンを基盤とする画期的なシステムを導入しています。
契約内容をブロックと同時に追加して記録できるので、仮想通貨の取引以外にも注目を浴びています。

そしてマイニングにはPoSという保持している仮想通貨量が多いほどマイニング報酬を貰いやすい仕組みを採用しています。

この記事にコメントする