ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

【初心者向け解説】仮想通貨の「アルトコイン」って何?ビットコインと比較した場合の違いとは?



仮想通貨を始めようとした時、「ビットコイン」や「アルトコイン」という名前を聞くかと思います。
この記事ではアルトコインとは何か、ビットコインと比較した場合の特徴、アルトコインの代表的な仮想通貨についてまとめていきます。

仮想通貨のアルトコインとは



仮想通貨は「ビットコイン」と「アルトコイン」の2つに大別されます。

ビットコインはビットコインという仮想通貨のことを指しますが、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。
つまりアルトコインというコインがあるわけではなく、大きな分類の1つとなります。

アルトコインは「Alternative Coin(オルタナティヴコイン)」の略なので、代替を目的としたコインという意味になります。
その語源からオルトコインと呼ばれることもありますが、どちらも意味的には変わりません。

そしてアルトコインの中でも価値が低く発展性が不明なコインのことを「草コイン(Shit Coin)」と呼びます。
更には明らかに詐欺目的で作成されたコインのことを「詐欺コイン」と呼びます。

アルトコイン共通の特徴



・通貨価値がビットコインより低い
・取引できる交換所・販売所が少ない
・ビットコインに比べて信頼性と安定性が低い(一部例外)

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称と言いましたが、いくつか共通点も存在しています。
ビットコインと比較した場合ですが、上記の条件にすべて当てはまります。

1コインあたりの通貨価値はビットコインが全仮想通貨の中で最も高く、仮想通貨の相場はビットコインを基準としています。
ビットコインの値動きがあるとアルトコインも影響を受けるので、やはり仮想通貨はビットコインありきの仕組みで動いています。

逆に言えば1コインあたりの価値が低いので、目をつける段階が早ければ数倍~数百倍の利益をもたらすこともあります。

しかし価格が一切上がらないまま消えていく仮想通貨も多いので、新規の仮想通貨は発行元の企業が有名で無い限り、信頼性と安定性は低いと言えます。


↑ モナコインの全期間チャート 当初は1MONA30円だったが最大で2000円にもなっている。

交換所・販売所ではほぼ必ずと言っていいほどビットコインは取引されており、アルトコインと交換するためにも用いられています。
アルトコインは銘柄によって取り扱っていない交換所・販売所も多く、メジャーなものでない限り国内で取り扱っていない場合が殆どです。


↑ 国内最大級の仮想通貨交換所Zaifで取引できる銘柄

代表的なアルトコインの例



アルトコインは現段階(2018年3月)で1500種類近くあると言われており、価値がほぼ無いものから1コインあたり5万円もする仮想通貨があります。

どれもビットコインをもとにした仮想通貨であることには変わりないのですが、用途・理念・機能などが異なります。

仮想通貨Litecoin(ライトコイン)とは


ライトコインはビットコインを元にして元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏に作られた世界で2番目の仮想通貨です。

ビットコインを金貨と位置づけるならば、こちらは正しく銀貨と呼べるような互換性と性能を持っています。

ライトコインはブロックの処理速度がビットコインの約4倍であり、発行総量も約4倍に調整されています。

現在ではビットコインキャッシュなどの高性能な仮想通貨が登場したために機能面で注目されることはありませんが、その代り世界で2番目に作られた老舗の仮想通貨ということで「信頼性」はトップクラスです。

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)とは


Ethereum(イーサリアム)はビットコインに続き、時価総額が世界で第2位の仮想通貨です。

ブロックの生成時間が非常に短いので、取引にかかる時間がかなり短いという大きな特徴を持っています。

更にスマートコントラクトというブロックチェーンを基盤とする画期的なシステムを導入しています。
契約内容をブロックと同時に追加して記録できるので、仮想通貨の取引以外にも注目を浴びています。

そしてマイニングにはPoSという保持している仮想通貨量が多いほどマイニング報酬を貰いやすい仕組みを採用しています。

仮想通貨Ripple(リップル)とは


Ripple(リップル)は仮想通貨の中でも「お金」としての利用価値に重きを置いており、取引速度が群を抜いて速いために送金システムとして非常に優れています。

ビットコインが採用しているブロックチェーンシステムとは異なり、リップルにおけるマイニングはネットワークの安定のみを目的としています。
更にビットコインのように利益を追求する仕組みが存在していません。

Ripple社による権限が非常に大きく、ビットコインのブロックチェーンシステムと比べて集権的な点も大きな特徴と言えるでしょう。

まとめ

仮想通貨のアルトコインとは

ビットコインはビットコインという仮想通貨のことを指しますが、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。

アルトコインは現段階(2018年3月)で1500種類近くあると言われており、価値がほぼ無いものから1コインあたり5万円もする仮想通貨があります。

どれもビットコインをもとにした仮想通貨であることには変わりないのですが、用途・理念・機能などが異なります。

この記事にコメントする

コメントを残す