ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

まだデータがありません。

【初心者向け解説】仮想通貨で使われる「ブロックチェーン」とは? ビットコインなどで使用される最新技術の解説まとめ



仮想通貨にはブロックチェーンという技術を利用して情報の公正と安全を保っているシステムがあります。
この記事では仮想通貨におけるブロックチェーンの仕組みについてまとめていきます。

仮想通貨におけるブロックチェーンとは?



仮想通貨のビットコインはP2P(Peer to Peer)というサーバーを介さず、直接インターネット同士で通信する仕組みでやり取りされています。

特定の誰かが管理するのではなく、所有者全員が分散されたデータを所持という仕組みになっています。

この技術を「ブロックチェーン(分散型台帳)」と言い、ビットコインの信頼性が高いと言われる所以になっているわけです。

情報を分けて鎖状に繋いでいるため、1つのデータを改ざんしたとしても別の繋がっているデータで改ざんを検出することができます。
ブロックチェーンで繋がれたデータを改ざんするのは非常に難しいと言えるでしょう。

この技術を用いることにより、情報の公正さの確保とハッキング防止などに役立っています。

ブロックチェーンがなぜ安全と言われているのか



仮想通貨の取引には膨大な演算作業が必要となり、取引をまとめたブロック(取引台帳)を作成し、更に取引の整合性を確認する必要があります。
ブロックを作成・確認する作業のことを「マイニング(採掘)」と呼び、採掘者のことを「マイナー」と呼びます。



ブロックには「1つ前のブロックの情報」「直近に世界中で取引された内容(タイムスタンプ)」が記録されています。
それが世界中に存在する利用者同士で繋がっています。

1つ前のブロックの情報が記録されているので、どこかでデータを改ざんされてしまっても一連のブロックでその異常を検出することができます。

またブロック同士が繋がっているので、多数のブロックが一度に改ざんされたとしてもその異常を検出することが可能となっています。

ブロックチェーンの弱点「51%」攻撃とは

しかしブロックチェーンのブロック中51%以上が改ざんされてしまった場合、その改ざんされてしまった情報を真と認識してしまうことがあります。
この現象は51%攻撃と呼ばれており、ブロックチェーンの弱点と言われています。

by:https://blockchain.info/ja/pools

上のグラフはビットコインのハッシュレートというものです。
簡単に言うと現状におけるブロックチェーンのブロック生成権を持っているマイナーの分布図です。

この内1つが51%攻撃を行おうとしても不可能であることが分かると思います。
しかし、シェアを占めている上位3社が手を組めばそれが可能となってしまうわけです。

ですがデータを改ざんしたとしても大きく儲けることができるわけではなく、改ざん自体の証拠はブロックに記録されています。

更にマイナーとしての信頼や仮想通貨の価値自体を落とすことになります。
メリットよりデメリットの方が大きく上回っているので、今の所51%攻撃は現実的ではないとの見解が示されています。

自動車の技術にブロックチェーンが採用されることも

ポルシェ、車両にブロックチェーン技術を導入へ…将来の自動運転車に活用目指す

すでにポルシェは、ドイツ・ベルリンに本拠を置くスタートアップ企業、XAIN社と共同で、車両にブロックチェーンアプリを導入する試験を開始。テストでは、アプリを使った車両のロック&アンロック、一時的なアクセス権限や暗号化されたデータログを取得することなどを行っている。

ブロックチェーンの基盤上で開発されたサービスは、スピーディかつ非常に安全という。車両はブロックチェーンの一部となり、直接的なオフライン接続が可能になる。サーバーを経由せずに、ダイレクトに接続するアプリを使えば、瞬時に認証が行われ、ドアを開閉できる。

またポルシェは、ブロックチェーンに基づいた新しいビジネスモデルの開発にも取り組む。そのひとつが、将来の自動運転車への活用。ポルシェは、将来の自動運転車の機能の向上を、ブロックチェーン導入によって目指していく、としている。

情報元

ブロックチェーンの技術を自動車に応用することにより、盗難被害から守ることができ、電子鍵の安全性向上にも繋がります。
また自動運転技術にも応用が効くとされており、ブロックチェーンの活躍の幅は広いようです。

実際に上記のニュース通りポルシェが目をつけており、2017年にはトヨタがブロックチェーンに目をつけています。

他にもレンタカーのシステムに導入も考えられており、顧客と顧客同士の受け渡しによって店舗の必要性を取り払うという取り組みもあります。

このように仮想通貨の情報保証だけでは無く、多くの人間が関わる情報の安全性を守るために利用されていくことになるでしょう。

まとめ

ブロックチェーンとは

仮想通貨のビットコインはP2P(Peer to Peer)というサーバーを介さず、直接インターネット同士で通信する仕組みでやり取りされています。

特定の誰かが管理するのではなく、所有者全員が分散されたデータを所持という仕組みになっています。

この技術を「ブロックチェーン(分散型台帳)」と言い、ビットコインの信頼性が高いと言われる所以になっているわけです。

情報を分けて鎖状に繋いでいるため、1つのデータを改ざんしたとしても別の繋がっているデータで改ざんを検出することができます。
ブロックチェーンで繋がれたデータを改ざんするのは非常に難しいと言えるでしょう。

51%攻撃やマネーロンダリングなどの脆弱性やデメリットも指摘されていますが、それを上回る安全性やメリットから様々なシステムに応用され始めています。

この記事にコメントする