ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

【初心者向け解説】仮想通貨取引所・交換所・販売所の違いまとめ! それぞれのメリット・デメリットについて紹介!



仮想通貨を入手しようとする時、取引所・交換所・販売所を利用することになります。
しかし初心者からすると何が違うの?と疑問に思うでしょう。

この記事では仮想通貨取引所・交換所・販売所の違いについて、それぞれの用途やメリットについてまとめていきます。

仮想通貨取引所・交換所・販売所の違いって?

仮想通貨取引所・交換所・販売所と色々ありますが、どれも仮想通貨を売買する場所となっています。
違う点としては「仮想通貨を売買する相手」が異なります。

販売所はそのサイトを管理・運営している会社と仮想通貨を取引する場所になります。

交換所・取引所は同義であり、そのサイトを利用しているユーザー同士で仮想通貨を取引する場所になります。

仮想通貨取引所・交換所とは



仮想通貨取引所・交換所は前述の通り、サイトを利用するユーザー同士で仮想通貨を取引する場所です。

上記の画像は国内最大手クラスの仮想通貨サイト「BitFlyer(ビットフライヤー)」のビットコイン取引画面です。

好きな価格で買い注文を出し、それに該当する売り注文があれば取引は成立となります。
販売所は取引相手がサイト運営者のみなので価格が1つで固定なのですが、取引所では好きな価格で買うことができます。

つまり販売所より安く買うことができるので、取引所・交換所を利用したほうが安く仮想通貨を手に入れることができるのです。



しかし取引所では取引をするために「手数料」がかかってしまいます。

ビットフライヤーで1BTC(ビットコインの単位)を購入するには、0.00015BTCを手数料としてビットフライヤー側に支払うことになります。
1BTCが100万円だとするならば、150円かかる計算です。

さほど大きな額にはならないので、この手数料を差し引いても販売所よりも安く仮想通貨を購入できるという点は変わりません。



しかし取引所・交換所にもデメリットはあります。

互いの買い注文と売り注文が均等ならば、スムーズに取引は行われます。
つまり逆説的に言えば、買い注文と売り注文のどちらかに大きく偏ってしまえば取引は難しくなります。

例としてビットコインが暴騰し、通貨価値が大きく上がったとします。

その時は利益を出すために売り注文が非常に多くなってしまいます。
一方、高値でビットコインを掴みたくないために買い注文のほうは少なくなってしまうので、売りたくても売れない状況が生まれてしまうのです。

そんな時は無理に取引所を利用せず、販売所で売ってしまったほうが利益を出せるというパターンもあります。

仮想通貨販売所とは



仮想通貨販売所はそのサイトを管理・運営している会社と仮想通貨を取引する場所する場所です。

上記の画像は国内最大手クラスの仮想通貨サイト「BitFlyer(ビットフライヤー)」のビットコイン売買画面です。

仮想通貨の購入価格と売却価格が1つに統一されており、サイトによって購入価格や売却価格は異なります。

手数料はその購入価格と売却価格の差がそのまま手数料となっています。

そして基本的には購入価格も売却価格も平常時は取引所よりは損をする形になっています。

デメリットが多く感じてしまいますが、値動きが激しいときは取引所よりもこちらを利用する場合があります。

購入価格・売却価格通りに取引できるので、取引所のように互いの条件が成立するのを待つ必要がありません。
つまり大きな損が出そうな場合やその逆の場合では役に立つと言えるでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まとめ

仮想通貨取引所・交換所・販売所とは

仮想通貨取引所・交換所・販売所と色々ありますが、どれも仮想通貨を売買する場所となっています。
違う点としては「仮想通貨を売買する相手」が異なります。

販売所はそのサイトを管理・運営している会社が相手であり、交換所・取引所は同義でサイトを利用しているユーザー同士で仮想通貨を取引する場所になります。

値動きが激しいときは販売所にメリットがあり、注文が成立する状況ならば取引所にメリットがあります。

この記事にコメントする