ドメイン「crypto」じゃなくて「crypt」になってるけど気にしないで......

まだデータがありません。

2018年1月16日「仮想通貨大暴落」の原因とは? ビットコインの通貨価値が半分以下になった理由まとめ!



2018年1月、仮想通貨の銘柄全てが大暴落するという事件が起こった。
この記事ではその事件の原因について、原因と言われている要素についてまとめていきます。

2018年1月に起きた仮想通貨の全銘柄大暴落の原因とは



一時期はIBTCあたり200万円以上の通貨価値があったビットコインですら、現在(2018年3月)は1BTCあたり100万円程度まで下落している。

通称「出川ショック」とも言われる1月16日に起きた仮想通貨の銘柄全ての下落による影響が未だ続いており、国産仮想通貨のモナコインは以前の1/4の通貨価値で安定してしまった。

様々な投資家やトレーダーが大打撃を受け、中には数千万円から数億円の被害を受けた人もいるようだ。

原因1 世界各国での仮想通貨に対する法規制のはじまり



世界各国で法的な規制をするという発表が多く、実際に中国では法的な規制を導入している。
仮想通貨の将来性に見切りをつける投資家もおり、これが仮想通貨銘柄大暴落の原因ともなっていたようだ。

中国での仮想通貨に対する法規制



中国国内すべての仮想通貨サイトが1月頭にに禁止され、仮想通貨の取引ができない状態になっている。
インターネット自体の規制が可能な国であり、人民元の流出を防ぐための措置であるとのこと。

これをトリガーとして世界各国で仮想通貨を規制する取り組みが始まり、法規制の方向へと向かっている。

ドイツ連邦銀行にて「規制は国際的に取り組む必要がある」と発言



1月16日にドイツで開催された仮想通貨に関連するイベントでは連邦銀行の取締役が「規制は国際的に取り組む必要がある」とも発言しており、国内だけではなく国外にも法規制を求めている。

世界各国で自国の通貨が流出していくことに対する懸念はあり、日本国内でもマネーロンダリングの温床になってしまうのではないかとの見方もあるようだ。

仮想通貨規制、国ごとではなく世界規模で行うべき=独連銀理事

ビュルメリング理事はフランクフルトでのイベントで、「仮想通貨の規制において国ごとの規制効果は限定的であるため、国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」と述べた。

欧州連合(EU)各国と欧州議会は先月、ビットコインなど仮想通貨の取引所を介したマネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金調達を防ぐための規制強化に合意している。

情報元

韓国では法的な規制を導入



韓国では様々な規制を始め、現在では公務員の仮想通貨取引禁止、身分証明無しでの取引禁止という法規制が韓国国内で行われている。

そして1月に起きた仮想通貨の暴落により、資産の大部分を失った学生が自殺したというニュースが話題に。
このニュースを受け、韓国国内では今取り組むべき社会問題として仮想通貨の法規制が進められている。

韓国、仮想通貨規制に本腰 若者自殺も、社会問題に

 仮想通貨の投資で巨額の損失を被った大学生が死亡-。聯合ニュースは1日、ソウルの名門大学を休学し、故郷の南部釜山に戻っていた大学生が自殺したとみられると報じた。
大学生は一時、投資で約2億ウォン(約2千万円)まで資産を増やしたが、昨年末に相場が暴落して大部分を失い、落胆していたという。仮想通貨の種類は具体的に報じていない。

 仮想通貨は匿名性が高く、マネーロンダリング(資金洗浄)の温床になるなどの批判もあり、世界は規制強化の傾向にある。韓国政府も投機の過熱を抑えるため、1月30日に新規制を導入。実名が確認された人にのみ取引を認める内容で、透明性を高める。(共同)

情報元

原因2 1月には必ず下げが起こる







仮想通貨というのは毎年1月に通貨価値が下落する傾向にあるという。
2015年から現在に至るまでこの現象は続いており、トレーダーの間では常識とも言われているようだ。

去年(2017年)の段階でも1月にビットコインが通貨価値を30%を下げており、かなりの値動きが確認できる。

今回(2018年)はこの記事で紹介している様々な原因が重なってしまったため、これまでに無いような大暴落となってしまったようだ。

原因のまとめ

2018年1月に発生した仮想通貨大暴落とは

2018年2月16日から仮想通貨の全銘柄が暴落を始め、ビットコインは1BTCあたり200万円から100万円まで価値が下落した。
原因は以下の要素が主と言われており、その影響は長く続いている。

・中国、韓国、ドイツなどをはじめとする世界各国の法規制への意識
・仮想通貨自体は1月に下落する傾向がある

この記事にコメントする

コメントを残す